Skip to content

ステージを設営する上で注意すべき点

野外イベントなどの際に、メインの司会や催し物が行われ、参加者の注目を一身に集めるのがステージですが、その設営の際には様々な注意点があります。

ステージを設営する際には、そのイベントの規模や参加人数、会場の広さなどに応じて適切なものを選ぶ必要があります。狭い会場に大きなステージを設営してしまい、会場に入れる人数が制限されてしまったり、その逆に広大な会場に簡素なものを作ってしまって遠くからでは何をしているのか分からないといった事態を防ぐためにも、経験豊富なイベント運営会社などと相談しながら使用するものを選びましょう。

また、不特定多数の参加者が集まるイベントの場合は、事故などが起きると主催者の責任問題が問われ、せっかくのイベントが逆効果になってしまうこともあります。設営の際にはしっかりとした経験と知識を持った外部の会社に依頼するなどして、事故などが起こらないような強度や形態のステージを組み立てることが重要です。

社内行事など参加者が限定されていて、人数もそこまで多くならないようなイベントの場合は、自分達で簡易型のステージを設営した方が経費削減につながることもあります。その際もメンバーの中に組み立てに精通した責任者を置き、細かい点はしっかりとチェックしながら組み立てていくようにしましょう。イベントの成功や事故の有無は、組み立てに携わる人達の姿勢にも関わってきます。気を抜かずに真剣に取り組むようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *