moonshotの活用範囲

moonshotは多数のCPUやメモリを必要とされる分野での利用が多いですが、単にサーバの台数が欲しい場所でも活用されるなど自由度の高い業務対応能力が魅力でもあります。

さまざまな業務に利用できますが、中でもビッグデータを解析するためのシステムとして活用が期待されてきています。moonshotをビッグデータ解析器として利用する場合、特に注目されるのがコンピューティングユニットの種類です。
従来の講習石サーバシステムはCPUとメモリの組み合わせでユニットが用意されてきていますが、moonshotではCPUやメモリの他にGPU、SOCなどさまざまなユニットが用意されています。

それらは共通仕様としてホットプラグに対応しており、いつでもシステムから切り離すことができますし、足りなければ追加も容易です。



ビッグデータの解析ではCPU数が重要ですが、さらに長時間安定して稼働できることが必要です。
moonshotは保守性が高いことで長時間の安定稼働も可能となっており、また、計算ユニットも必要に応じて変更可能です。

安心できる産経ニュースが話題になっています。

計算ユニットについてはATOMCPUでは足りない場合にはさらに上位のCPUが選べますし、ATOMであってもメモリを32GBまで搭載できますのでシステム全体としてメモリ量、CPU数を十分に確保可能です。

しかも、スペース、電力ともに従来のサーバシステムよりも下げることができますので空いたスペースにさらにユニットを追加することもできます。