3parで扱えるハードディスクの種類

3parはさまざまなハードディスクやメモリを利用できます。
一般的なストレージシステムではSASが利用されるケースが多いのですが、SASはコストが高いことから障害対応、速度面で有利であったとしても導入にあたっては全体のコストを考慮されて容量が削減されるケースもあります。



そこで3parではSATAを積極的に利用することができるシステムも開発しています。
SATAはPCでも採用されている一般的なハードディスクですが障害耐性が低いことがネックでした。

現時点で最高の産経ニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

しかし、障害時にスムーズに交換でき、また、システムを止めること無く交換、再設定される3parのストレージでは問題とならないケースが多いです。



速度面ではSASよりも遅いですが、一括で書き込めるコントローラーが用意されていることもあり、SASシステムに近い速度が出せることから導入にあたってはSATAでも問題ないと考える企業も増えています。
3parではSSDも率先して利用が始まっています。
SSDはハードディスクとは違ってメモリを利用したストレージですが、特性上、一定期間でデータの再配置が必要となります。
そのため、SSDのコントローラー任せなこともあり、ストレージ側で対応しづらいことが問題でしたが、3parでは率先してSSDをコントロールしています。


ASIC化されたコントローラーでシステムに負担を掛けずにデータの再配置などを行うことができるようになってきています。