3parのストレージについて

3parはヒューレットパッカードに買収されてからも発展してきており、さまざまな大規模ストレージシステムへの導入が進んでいます。


また、中小企業でも扱いやすいことから小規模システムでも利用が始まってきています。



3parのストレージのポイントは管理が楽なこととさまざまなディスクを利用できることです。

3parのストレージのもっとも特徴的なことにハードディスクの管理の死安さがあります。

一般的なストレージでは零度構成を組んでおり、ハードディスクの追加などは設定が必要となるのですが、このストレージではハードディスクの追加の際、区画などの考えなしに追加可能です。

ハードディスクは論理化されてストレージ内で自由に利用領域を増減させられます。このことは中小企業でシステム担当が少ない場合でも有効であり、大規模データを扱うためのシステムとして重宝されています。

エキサイトニュース情報ならこちらをご利用ください。

3parのストレージではハードディスクを速度面などで分けて利用することができます。

ストレージといえばSASディスクを利用するのが一般的ですが、SATAなど障害が多めになってしまうハードディスクについても扱えます。
SATAについては交換頻度があがってしまいますが、システムを止めることなく交換できることからコスト面で有利として利用されるケースが多いです。


また、SSDなど高速なディスクについても利用が進んでいます。

SSDは定期的なデータ移動が必要になるのですが、優秀なコントローラーが自動で対応してくれます。