moonshotのクラスター環境

moonshotは企業においてクラスタリング用のサーバシステムとして利用される事例が増えています。

クラスタリングをするにはサーバの台数が必要であり、それは仮想化されたサーバではなく、実CPUを利用するケースが多いです。

納得の産経デジタルのお役立ちコンテンツ満載です。

そのため、スペースと電源を用意してクラスタリングを構築するケースが増えています。



ただし、スペースも電源も有限であることから可能な限り、集積化することが求められ、moonshotは高集積可能なサーバとして価値を見出されています。moonshotはATOMなどのCPUを利用したカートリッジと呼ばれるコンピューティングユニットを最大45台搭載可能です。



コンピューティングユニットは電源とネットワークなどを共用しますが、基本的には単独のサーバとして稼働出来ます。

しかも、スペースは従来のサーバよりも格段に少なく、電源効率も高くなっているのが特徴です。

45台ものサーバを1つのユニットで実現できることは多くの企業で好評です。

また、単独のサーバであれば障害時にもクラスタリングから切り離すことは用意ですが、高集積サーバによってはサーバ全体を止めてからでないと外せないケースも多く問題でした。
しかし、moonshotはホットプラグで各ユニットを切り離しができますし、交換も容易です。

そんため、業務を止めることなく保守が可能となっています。


さらにカートリッジはさまざまな種類が用意されさまざまな業務で活用可能です。